東京での仕事一筋の生活から一転、スイス人の旦那さんとチューリッヒでの生活がスタート。スイス生活、国際結婚、妊娠・子育て、旅行記などを気ままに綴っています。


by mrssutter
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30

カテゴリ:旅行( 21 )

去年の今頃は。。

両親と一緒にカプリ島に行っていたなーー。
f0225877_1301450.jpg


今年の夏は出産があったので、お家に引きこもり。でもスイスの一番美しい季節だから、それでも良いんです。

カプリでは、テラスにジャグジーがあるお部屋に泊まって息子くんは両親とともに毎日水遊び。
f0225877_1301615.jpg

この写真、ジャグジーというか温泉っぽい006.gif
f0225877_1302147.jpg


毎日シーフード三昧で
f0225877_1301779.jpg


みんな笑顔で
f0225877_1301867.jpg


良い親孝行になったかな012.gif

一日ボートをチャーターして島を巡ったりもしました。
f0225877_1301813.jpg


f0225877_1301953.jpg

息子くんは終始船酔い007.gif
ずーーーっと寝てました。

こちら、ボートで訪れた緑の洞窟。
f0225877_1302012.jpg


綺麗だったなー!

ずーっと波が高くて入れなかった青の洞窟にも入れてラッキー072.gif
f0225877_1302232.jpg


美しい洞窟がいくつもあるカプリ島。
島の人は、青の洞窟以外にも沢山綺麗な洞窟があるよ!っと言いますが、 やっぱり青の洞窟が一番幻想的で綺麗でしたよ。小舟に乗り変えてちゃんと洞窟の中に入るからかもしれませんが。

私たちのように子連れの場合は陸路で青の洞窟まで行くことをオススメします!
[PR]
by mrsSutter | 2013-08-21 01:14 | 旅行

ちょこまか、ちょこまか

4月のバンコク旅行から帰国して4日後、今度は家族でシカゴへ旅行へ行きました。
というのも、息子が2歳になるとほぼ大人と同額の座席料金を払わなくてはいけないので、その前に旅しちゃおう!となりまして。

幸運にも、お安めなビジネスクラスを発見し、今回はKMLを使いアムステルダム経由で。

こちら、アムステルダムでのラウンジの様子。

息子君、「ママ、もう僕の事は放っておいてください!」といった感じで、
とにかく一人で歩き出す。
f0225877_2365289.jpg


隙間を発見すれば、床に寝そべり覗き込む。
f0225877_2374995.jpg


ぶら下がれるものがあればぶら下がる。
f0225877_239288.jpg

本当に、猿です、この子!

私は、他のお客様にご迷惑にならないか本当にヒヤヒヤ。(汗)
(写真はすべて主人が撮ったもの!私にそんな余裕はありません!)

ようやくお猿を捕獲し、機内へ。
f0225877_2413620.jpg

結構、空間に余裕があるシート配置。
これをみて真っ先に思った事。
「うわ、うちの子ちょろちょろ歩き始めてご迷惑にならなきゃ良いな〜っと」

幸運にも、機内エンターテイメントにはまり、
f0225877_2455083.jpg


機内食も堪能してくれたので、
f0225877_2465359.jpg

そこまで、他の乗客の方にご迷惑かけることなく無事にシカゴへたどりつきました。

子連での旅行って本当に大変ですよね。
じゃあ子供が大きくなるまで待てば?子供を預けて行けば?って声が聞こえて来そうですが、
やっぱり大変だけれど家族で行くからこそ意味がある。心底楽しめるなーって思います。
(もちろん、それぞれのご家庭、ご夫婦の価値観は色々だと思いますが)。

子連れで旅行をし始めて、航空会社の規定やサービスも様々だなーっと実感しましたし、
こつさえ掴めば、そんなに難しくないなって思うこともあります。
(こういうこと、徐々に具体的にブログに書いていければ良いのですが・・)

一番は、自分の子供の事を良く知る事。
何が好きで、何が嫌いなのか。どのような環境だと寝やすいのか・・など。
ぐっすりどこでも寝れる子だったら夜便が楽だろうし、静かに遊べる子だったら皆が比較的起きているお昼の便を選ぶ事も一案。
昼便だったら、お昼寝を調整し、機内で一回寝てくれるとママ的には助かりますよね。

それより何より、子供に理解のある客室乗務員の方や乗客の方に恵まれる事。
私的には、これが一番有り難いポイント。
自分の気持ちもリラックスして、機内で子供に接する事ができるんですよね。
(子供もその事を感じているせいか、同じくリラックスしているような。)

ところでこちら、KLMの女性用アメニティー。
くしゅくしゅって折るとリボンの形になって、私的にはツボでした。
f0225877_2595259.jpg


食事して、一緒にアニメを見て、本を読んで、お昼寝して〜〜など繰り返しているうちに(お昼寝は一回ね!)、無事シカゴに到着。

滞在の様子は、また追って書きますね!
[PR]
by mrssutter | 2012-06-09 03:02 | 旅行

ここ、どーこだ!

さあ、ここはどこでしょう!?
f0225877_814348.jpg

バンコクです。

ちょうど滞在中に、バンコクにある伊勢丹でパートで北海道物産展が開催されていました。
北海道から直送された大粒のイクラやプリプリのウニ、脂ののったサーモンが売られているーー!!!

そして物産展に併設されている食堂では、
f0225877_841394.jpg

ウニ&イクラ丼も食べれちゃったりして。
夫を引き連れ、夫用には勝手にラーメンを注文し(味見をしたかったので)、自分はウニ&イクラ丼を堪能。

至福の時でございました〜〜〜。

やっぱり、日本からの駐在さんが多く住んでいるのでしょうね。
この物産展も年2回開催されいるようです。

その他、市内の至る所に「フジスーパー」という日系スーパーがあって、一歩足を踏み入れるともうそこは日本のスーパー!鮭の切り身に、納豆に、お豆腐に・・そして潜在や雑貨類まで。
しかも、値段も日本のスーパーとそこまで変わらない?と思わせる価格設定です。
スイスで納豆2パックに500円近く払っている私としては、もうそこはパラダイス!!

そしてこんなものも。
f0225877_805346.jpg

日本の100円ショップのようなアイテムが並ぶショップ。
ここでは、「あーこれほしかったんだよね〜」というようなキッチン用品などなど見つけられてこれまた便利。

こんな買い物をしていて思った事。
日本への帰省を1回減らして、毎年バンコクへ行っても良いかもな〜なんて。
リラックスはできるし、買い物もできるし・・、ね。
もちろん、家族やお友達には会えないのはかなりイタイけどね。

実際に、インドに住む日本人の方々は「買い出し」と称してバンコクへ頻繁にいらっしゃるそうです。

こんなところで日本も感じられて、ますますバンコクLOVEになりました〜〜。
[PR]
by mrssutter | 2012-04-26 08:14 | 旅行

微笑みの国タイへ

今年のイースター休暇はタイへ。
f0225877_7304713.jpg

旦那も私もバンコクが好きなので、ビーチへは行かずバンコク一都市の滞在になりました。

あ〜〜〜〜、楽しかった。
微笑みの国、タイは素敵すぎます。

食べ物美味しいし、安いし、マッサージもクオリティーが高い。
人も優しいしね〜〜。小さな子供を連れてタイってどうなんだろう?って思った事もあったけれど、
全然問題ナシでした。
皆子供にニコニコしてくれるし。それだけで、こちらまで嬉しくなってリラックスできます。
子連れ旅行ってそんなもんですよね。

今回泊まったのはサイアム・ケンピンスキー・バンコク

色んなところでケンピンスキーのホテルは利用していますが、
ここバンコクのケンピンスキーもよかったですよ。
デパートやショッピングモールが近くにあるので、気軽にショッピングにも行けるし、夕飯も子供と一緒でも近くに色々チョイスが豊富にあるので助かりました。
MRTの駅もすぐなので、他のところへの移動も楽チン。周辺のショッピング施設へはホテルのカートで送ってくれもします。

強いて言うならば、もうちょとダイニング系を強化しても良いのではないでしょうかね。
でも、サービス&施設面は満足。

チェックイン後、レセプションのお姉さんが施設を案内してくれます。
私はこのユニフォームにうっとり。
f0225877_7413635.jpg


お部屋はこんな感じで、ミニキッチンもついていますよ!
f0225877_7424046.jpg

ミニキッチンや電子レンジって、子供連れの旅行には本当に助かります。

一番助かったのが、キッズルーム。
f0225877_7482640.jpg

宿泊客の子供(基本的に2歳以上)は無料で預ける事ができます。
一日中ずーっと預けるような事はなかったものの、私達がマッサージやショッピングに集中したいときなど息子君もここで遊んで、お互い楽しく充実した時間が過ごせました。

息子君はまだ2歳ではないんですが、2歳並みのことができるということで特別に預かってもらったのです。そんなゆるーい規則もタイならではなのかしら??

息子君は大好きなプールで一日中遊び、
f0225877_7513327.jpg


夜は夜で、室内のプールで遊び、
f0225877_750427.jpg


プール三昧の滞在でした。

ということで、毎晩こんなにぐーっすり。
f0225877_7534430.jpg


時差ボケもすぐに解消する訳だね・・。
あーーん、またすぐにでも行きたい!タイ!!!
[PR]
by mrssutter | 2012-04-25 07:55 | 旅行
かなり前のお話しになりますが、アムステルダムに行っていました。
f0225877_7591480.jpg


まぁ、なんと可愛らしい街。
小規模で歩きやすいし、アップ・ダウンも少ないから子連れバギーでも安心。
街を走るトラムも最新型のものが多く、バギーでの乗り降りも問題無し。

そして、皆子供に超フレンドリー!
いや、子連れ旅行で何が一番有り難いかってココですよね。
ブティックに入っても、息子にニコニコ。話しかけてくれたり、私にも親切に対応してくれる。
本当に気持ちよくお買い物ができました。
あまりに親切にしてくれるから、財布ヒモがかなり緩んじゃって・・。
店員さんの思うツボだったのかしら!? 笑

スペイン人&イタリア人が子供に優しいっていうイメージはあったけれど、
オランダ人も本当に子供好きだな〜って思いました。

各お店の入り口も段差が無いところがほとんどで、バギーごと難なく入れてしまうのが有り難い。
結構あるんですよね。お店の入り口に階段が2−3段あったりするところ。
別にぐいっと持ち上げて入ることは可能だけれど、なんかこの階段が「ベビーお断り」って言っている感じがして、ちょっと気が引けちゃう。

このコロッケ販売機もよかったわ〜〜。
f0225877_894542.jpg

口の中を火傷してしまうくらいアツアツなものが入っていて、それまた私好み。

ホテルからも運河が見れて、お部屋広々。
f0225877_884219.jpg

f0225877_891847.jpg

短い滞在でしかも雨続きだったけれど、楽しい滞在になりました。

息子君も広場で大はしゃぎできたしね。
f0225877_854474.jpg

(そうそう、この数日前に顔から墜落して鼻の頭に大きな傷があったんだったよねーー。無事に治ってよかった!)
[PR]
by mrssutter | 2012-03-18 08:12 | 旅行
10月のアメリカ旅行。
ニューヨークで1週間過ごした後は、シカゴへ移動。
久しぶりにシカゴへ来たので、私の大学へも足をのばすことに。
f0225877_8121275.jpg


このキャンパスを沢山の資料や教科書と共に歩いていたな〜。
ああーー、どうしてもっと純粋に学生生活を楽しめなかったんだろう。
まぁ、楽しかったけれどね。奨学金制度ならではの色々なプレッシャーがあったもので。

ここに旦那と息子を連れて来る日が訪れるなんて・・。とっても感慨深い。
f0225877_984129.jpg

カフェテリアの入り口で走りまわる息子君。

大学のインターナショナルオフィスで働いている友人とも再会。
f0225877_993275.jpg


卒業以来ぶりだったけれど、色々話せて楽しかったなー♪
[PR]
by mrssutter | 2011-11-16 09:10 | 旅行

ニューヨーク漫喫

旅ネタ続きます〜!

ルクセンブルグから帰ってきた4日後は、今度はホリデーでアメリカへ!
まず最初はニューヨーク。
f0225877_894214.jpg

8年ぶりのニューヨーク。
とっても楽しみでした。だって、スイスに無いものが食べれるから!!!

例えば〜〜、熱々のラーメンとか、美味しい日本食、そして焼肉。。などなど。
スイスにも無いことはないけれど、そこまで美味しいわけではないんですよ。
暫らく日本にも帰っていないし、すっごく楽しみでしたの。

そして、こちらニューヨーカーのお友達のおすすめレストラン、ABC Kitchen

1ヶ月前に予約したのに、希望日はテーブル既に無し。
滞在中に空いていたとしても、17半か22時半のテーブルしか空いていないという超人気レストラン!!

最初は「ちょっと、何よ〜〜。ニューヨークだからって・・・。」っと、
思っていましたが、どの料理もとっても美味しい!!

私のメインは、ロブスターのグリル。
シンプルだけれど、ちゃんとパンチがきいている味でとっても美味しい。
f0225877_8165831.jpg


そして忘れられないのが、このデザート。
キャラメルのアイスクリームです。甘くないけどクリーミーで・・・
キャラメル味はあんまり得意じゃないけれど、忘れられない味となりました。
f0225877_8174059.jpg


今回は、信頼できる日本人ベビーシッターさんを紹介してもらったので、
安心して夜の時間も楽しむことができました。
もちろん、ミュージカルも。シカゴは3回目ですが、やっぱりいいですね。
f0225877_8122123.jpg


その他、Sister Actも観ましたがとってもよかったですよ!
映画も好きですが、きちんとミュージカルらしさの出る演出がなされていてこちらもお気に入りです。
[PR]
by mrssutter | 2011-11-03 08:20 | 旅行
おーーい、息子よ。何しているのぉぉぉぉ??
f0225877_6485111.jpg


おや??
f0225877_650983.jpg


栗か〜〜。
f0225877_6505716.jpg


こちらルクセンブルグ郊外にあるスパホテルの敷地にて。
旦那さんがお仕事中なので、私と息子は栗拾い。(笑)

これ9月中旬の話ですが、すっかり秋めいていますよね。
気温も冷え込んで、あーー、夏は終ってしまったんだぁぁっと、実感した旅でした。

旦那さんがこのスパホテルで会議があるということで、
私と息子もちゃっかり参加。

奥さん同伴のディナーもあったり、
f0225877_6514413.jpg


息子君もしっかりお手伝いをしたりと(ポーターとして)、
f0225877_6521984.jpg


ただお荷物になっていたわけではないんですよ(笑)。

スパホテルで会議ってどういうことよ!??
ってなツッコミが入りそうですが、まぁ「リラックスした雰囲気で会議をするとより良いアイディアが出のでは??」的な発想でしょうか。
結構よくあるお話しです。

私も自分の仕事でこういう会議やパーティーなどの企画をお手伝いすることに関わっていることもあり、自分が参加者の立場になると色々と勉強になるものですね。

このスパホテル、結構本格的なスパ施設があるんですよ。
医療の療養目的としても使用されているせいか、医学的な匂いさえします。
でも、リラックススペースはこんなにオサレ!
f0225877_653150.jpg


マダム達がお茶を飲んだり、居眠りしたり、本を読んだりと、
ゆっくり過ごしておりました。

我が家は息子くんがギャーギャーうるさいので、このエリアは素通り。泣

旦那さんの仕事が終わった後は、家族でルクセンブルグ市内へ移動。
そこで今回泊まったホテルはこちら、Le Place d'Armes.

デザインも私好み。部屋も広々していて、立地も良く満足でした。
f0225877_6534421.jpg


ルクセンブルグは旦那さんも私も初めて。
フランス、ドイツ、そしてベルギーの香りがする可愛らしい街でしたよ。
でもよりフランス文化が強いかな〜〜。
f0225877_654267.jpg


ちょっと立ち寄って飲んだお茶がたったの3ユーロだったのに、
マリアージュでいれてくれたりして、ラッキー!っと思ったり、
家族でブラブラ街歩きをしながらゆっくり過ごしました。
[PR]
by mrssutter | 2011-10-24 06:55 | 旅行

忘れられないこの味!

f0225877_743792.jpg

よく見てください、これ!
生うにのパスタです。

実は先月、息子が産まれて初めて息子と旦那を家に残し、
女友達とミラノへ1泊2日の旅行に行ってきたのでした〜〜〜。

女友達の旅とあって、ショッピングに食事に大満足!!
特に、今回食事が大当たり!中でも大ヒットだったのが、この生ウニのパスタ。
もちろんね、クリームとかで伸ばしていないのよ。
ただ、ウニだけ使ったって感じで、口に入れた瞬間に磯の味がする〜〜〜〜〜。

先月の話だというのに、この旅行以降、家であんまりパスタを作っていません。
この思い出と味を崩したくなくって。

旅の様子は、一緒に行ったお友達のYちゃんがブログに書いてくれています。
こちらを覗いてくれたほうが様子が非常に良く伝わると思うので、是非どーぞ!!!

ガールズでミラノ突撃
ガールズトリップ ミラノ珍道中
[PR]
by mrssutter | 2011-10-17 07:12 | 旅行
今年は例年以上に忙しい旦那さん。
そんな旦那さんが「ゆっくりしたいな〜〜〜」とぼやいたので、
週末を利用して話題の温泉施設Therme Valsに行って来ました。

なぜ話題なのかというと、世界的に著名なスイス人建築家ピーター・ズントー(Peter Zumthor)が設計を手掛けたからだとのこと。
とうことで、施設内もお洒落な感じです。
f0225877_7252024.jpg

f0225877_725814.jpg

ただ、5歳以下の子供は入浴できないので、残念ながら息子くんはベビーシッターさんとお留守番。

お湯も42度設定の所があって、日本人的にはかなりツボ。
私はここにずっといましたわーー。

外は8月だっていうのに、雪が!!!
f0225877_7265486.jpg


ゆっくりしに来たので、ある意味最高の天気!
室内でゆっくりしなさい〜って言われているかのよう。

Therme Valsにもホテルがあるのですが、
今回私達が泊まったのはRovanadaというホテル。

ホテルのお食事が評判で、ウェルネス施設も充実。
Thermeまでは徒歩300メートルだし、プールには息子くんも入れるし・・などの理由で選びました。

お食事は評判通り大ヒット!
コースメニューの日と、ビュッフェ形式の日があるのですが、
コースメニューの日はどれも美味しく、期待以上でしたよ。
私が選んだメインのシーフードのグリル(だったかな?)。
f0225877_7315153.jpg


お子ちゃま様のバスローブまで用意してくれて、息子くんもウキウキ!
これからプロレスのリングに上がる感じ。笑
f0225877_7325373.jpg


パパと一緒に泳ぎの練習もしました。
f0225877_7332660.jpg


次の日は、快晴に!
晴れちゃうとね〜〜、やっぱり外に出なきゃ!って思っちゃうのよね〜〜。
ということで、近くにある山へロープウェーで登りお散歩。
f0225877_7345570.jpg

f0225877_7341660.jpg


ホテルの近くにはこんな巨大滑り台もあって、息子くんと、そしてパパも大はしゃぎ。
f0225877_7362434.jpg


ゆっくり時間が流れる、よい休日になりました。
[PR]
by mrssutter | 2011-09-23 07:37 | 旅行