東京での仕事一筋の生活から一転、スイス人の旦那さんとチューリッヒでの生活がスタート。スイス生活、国際結婚、妊娠・子育て、旅行記などを気ままに綴っています。


by mrssutter
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

<   2011年 05月 ( 4 )   > この月の画像一覧

ドイツ語の勉強をしなくてはいけないのですが、ちょっと気が散ったのでブログを書くことに。

息子君には、こんなに優しそうなベビーシッターさんがいます。
f0225877_0281191.jpg


定期的に来てもらって私たちは大助かり!
このお方、フィンランド人!一応、息子君のためにも英語かドイツ語で話しかけてもらっていますが、子守唄はやっぱりフィンランド語。ドイツ語、英語、日本語が飛び交う我が家で、加えてフィンランド語!!大丈夫かな〜、息子君。

息子君もこのベビーシッターさんが大好きで、その愛情はママ以上!!
ママ的には少々ジェラシーを感じますが、まぁ助かっているのでヨシとしましょう。

最近気づいたのですが、息子君にはもう一人ベビーシッターが。

こちら、その名も「バーチャル・ベビーシッター」。
私の母です。
f0225877_0283183.jpg


私の両親にとって初孫の息子君。
我が実家では、初孫フィーバーが炸裂していて、毎日スカイプをし、息子君の顔を見せてあげることが日課になりました。

息子君が動かない頃は、私の膝に座って、パソコンを目の前にニコニコするだけだったのですが、
最近は声を出したり、笑ったり、息子君も色々反応をするので、母も面白がって色々おもちゃなどをパソコンの画面上に出して、あやしてくれます。

時には、シャボン玉。
時には、風船。
などなど、色々ネタは増え、

↑↑上の写真は、節分の時に使ったお面。

こちらは↓↓私が幼い頃にデパートのサンリオコーナーで作った「もんきち」と「ターボー」。
f0225877_0295227.jpg


素直にきゃきゃきゃ!っと喜ぶ息子君。

そんな時ふと気づきました。
あれ、私、手が空いている・・・と。
しばし、息子君の気をひいてくれるので、ちょっとしたベビーシッター替わりです。笑
まぁ、ご想像通りそんなに長くは続かないのですが、2〜3分でもちょっと一息つける時間ができるって、ママにはありがたい事。でも、最近は、息子君が超アクティブで、私のパソコンのキーボードをバンバン手で叩くので、ちょっとヒヤヒヤしながら見守っています。

ちなみに、私の母はすでに昨年還暦を迎えたのですが、
未だに現役看護婦長。
この写真は日本の深夜1時を過ぎているのですが、未だに母は元気。
パソコンで会議の資料をつくっている途中だとのこと。
毎日早起きなのに、こんなに遅くまで頑張って大丈夫なのかと合わせて心配してしまう私です。

<お知らせ>
実は、フィンランド人のベビーシッターさんが、来月にも国に帰ってしまうことに。
ということで、我が家では新しいベビーシッターさんを探しています!!(バーチャルではなく(笑))
超アクティブな息子君の遊び相手となってくれるスイス在住の方、ご連絡お待ちしています!
*週一回程度でも大丈夫です。
[PR]
by mrsSutter | 2011-05-27 00:34 | 家族ネタ

Weekend trip コルマール

久しぶりに、旅のレポート。

フランス・アルザス地方のコルマールに行ってきました。

南スペインへ言った後、ローマに、ポルトガルへも足を運んでいましたが、
とりあえず、今週末行ってきたコルマールから。

ドイツ&スイスとの国境もすぐ近くにあり、フランスと言ってもゲルマン色が濃い場所です。
旧市街は運河も通っていて、とってもロマンチック。
f0225877_815181.jpg

f0225877_8194473.jpg

チューリッヒからはドライブで約2時間弱。気軽に行けるのがいいですね〜〜。

なぜコルマールに行くことになったかというと・・・、日曜日にバーゼルに住んでいる旦那さんのお友達がディナーに招待してくれたからなのです。
えええ??それでコルマールって思う方もいらっしゃると思いますが、
そう、チューリッヒからコルマールへ行くにはバーゼルを経由していかなくては行けないので、

「バーゼルに行くなら、金曜日からアルザスにでも行こうか!ワイン美味しいし!」

っと言う、我が家的というか、我が旦那さん的発想から行くことになったのですね〜〜。

せっかくコルマールへ行くなら、絶対やりたいことが2つ。

1.ジャムの妖精と称されるChristine Ferberのジャムをゲットすること。
2.ル・クルーゼの競合とも言われるストウブ(Staub)の鍋を買ってくること。

まぁ、やり損ねたらかなりがっかりなので、この2つは初日にきちんと済ませることに。

まずは、アルザスに入るなりChristine FerberがあるNiedermorschwihrという村へ。
f0225877_885217.jpg

また、この村がとてもかわいい!コルマールからアルザスワイン街道を抜けて辿りつく村。
とても静かで心が和みます。

あった、あった!お目当てのジャム屋さん。
f0225877_891825.jpg


このジャムなんと!チューリッヒだと15フラン、日本のデパートだと約1600円ぐらいするとか。それが、ここで買うとひとつ約6〜8ユーロ。
まぁジャムにしては高いは高いけど、かなりお得なお値段です。
f0225877_895297.jpg

味も本当に上品な甘さで美味しいのです〜〜。果肉もしっかりしているし。

今回は、大好きな苺とオレンジマーマレード、そしてスイス人好みなルバーブと、計7つお買い上げ。

その後、近くのレストランでアルザス料理を堪能し、
次なる目的地、Staubのファクトリーアウトレットへ!
f0225877_8104730.jpg


ル・クルーゼの鍋を使い始めてから、そのお料理の仕上がりの違いに衝撃を受け、
大きいのしか持っていないので、今度は少し小さめで、息子君の離乳食づくりに活躍できそうな鍋が欲しかったのですね。

本当はル・クルーゼが欲しかったのですが、コルマールの付近にル・クルーゼの競合ともいえる
Staubのファクトリーアウトレットがあるということを教えてもらい、せっかくだから行ってみることに。事前にStaubのことを調べてみると、ル・クルーゼ同様またはそれ以上に良いお鍋だということも知り、とっても楽しみにしていました。

基本は黒の鉄でできた鍋だけれど、色のバリエーションも豊富。
アウトレットならでは、レアな色も豊富に揃っています。
f0225877_8111539.jpg


息子君は買い物かごに入れられ、旦那さんも真剣に物色中。
f0225877_8121420.jpg


悩みに悩んだ末、私たちが選んだのはこちら。
f0225877_8122968.jpg

小さめの鍋と、大きいオーバル型の綺麗な黄緑色の鍋。

小さめのこの鍋は、写真では分かりづらいけれど、紫っぽい色でとても上品。
f0225877_817845.jpg

カラフルなのにも惹かれたけれど、こういう落ち着いたのもいいかな〜っと選んだものです。

黄緑色の大きい鍋は旦那さんが何だか気にいて買い物かごに入れた物。
まぁ、目的は小さな鍋を買うことだったけれど、まぁもう一つぐらいあってもよいかな〜って。
旦那さん曰く、これでお肉料理がしたい!・・だとか。

ということで、現在我が家の鍋たちはこんな感じ。
f0225877_8251682.jpg

ル・クルーゼの赤、黄緑、紫色が揃い、キッチンも少し色艶やかになりました。
お値段は小さいのが約70ユーロ、そして黄緑の大きい鍋が約150ユーロだったかな??
決して安くはないけれど普通に買うよりお得。しかもお料理も美味しく仕上がるし。

コルマールのことというよりは、コルマールの周辺で買い物!って感じになっちゃいましたね!
どうぞお許しを・・。

<おまけ>
コルマールのホテルにあるウェルネスで息子君大はしゃぎ。
プールが好きなので、水着を買ってあげました。
この水着の下は水泳用おむつ。まだちょっと大きめ。
f0225877_811564.jpg


11ヶ月ころから歩くようになった息子君。最初はこけてばかりだったけれど、
最近は少しずつ安定しはじめて、エリマキトカゲのように両手を上げて歩いています。
f0225877_8174249.jpg

[PR]
by mrsSutter | 2011-05-23 08:22 | 旅行

息子1歳になる!

5月5日、我が息子君が一歳を迎えました〜〜!
f0225877_6143180.jpg


端午の節句でもあるこの日、旦那さんは出張に行ってしまっていたので、
この日はお友達と「初節句&お誕生会」をしました。

テーブルセッティングはこんな感じ。
f0225877_6152380.jpg


当日は絶対バタバタしてしまうので、前日の晩に用意。
ピンクが好きなので、いつもピンク系なテーブルデコレーションになるのですが、
この度は男の子の日でもあるので、明るい色はオレンジのみで我慢!
鯉のぼりとお節句に欠かせない花である菖蒲の花に似たテーブルナプキンで決まり。
f0225877_615769.jpg


皆さんが集まることを口実に、食べたかったお寿司を注文。
f0225877_616560.jpg

スイスでまぐろやハマチ、そして甘エビが食べられるなんて、感動!!

妊娠中、臨月直前でチューリッヒに来た私。
新生活も、初めての育児もとても不安な中、幸運にも同じく妊婦の日本人女性の皆さんとお会いできたのです!育児の相談に乗ってもらったり、息子君と一緒に遊んでもらったりと、不安だった新生活も一気に楽しいものへと変わり、本当に有り難く思っています。

今回の初節句&誕生会は、そんな私の感謝の気持ちを込めてど〜〜んとご招待!
って感じだったのですが、さすがママたち。色々とお手伝いしてもらっちゃいました。

当日、息子君は以前お友達のママから頂いた甚平を来て登場!
f0225877_6164051.jpg

(Yちゃんのママ、今となってはサイズぴったりです!どうもありがとうございます)

この日も皆とわんぱくに遊んでとっても楽しかったよう。
f0225877_6172273.jpg

皆さん、来てくれてどうもありがとう〜!

そしてその週末は、「誕生会with旦那ファミリー」。
この日は、午後からのお茶のみ。
でも、旦那のお友達一家も来るとうことで、大人用のケーキ3種類、そして外人の子供ウケするようなチョコレートのカップケーキを焼きました。
f0225877_6241728.jpg


この日、息子君はタキシード!
f0225877_6245289.jpg


格好良くキメるはずが・・・、あれ!?ペンギンみたい。笑
f0225877_625929.jpg


息子君、大好きなベビーシッターちゃんに抱っこしてもらってとってもご機嫌。
f0225877_6252010.jpg


ゴッド・マザーである旦那さんの妹ともパチリ。
f0225877_6254178.jpg


そして家族でも記念にパチリ。
f0225877_626427.jpg


とっても思い出深い日となりました。

【おまけ】
初節句ということで、実家の両親が息子に兜をプレゼントしてくれました!
この兜、本当にかぶれるんです。
f0225877_6284150.jpg

日本の侍魂を忘れずに、そして健康にこれからもスクスク育ってね!
[PR]
by mrsSutter | 2011-05-13 06:31 | 家族ネタ

今日から5月

今日から5月。
日本はGW真っ盛り。気持ちの良い気候が続いているのでしょうね?

チューリッヒも春の気持ちの良い天気が続いています。

こちら、我が家の裏庭。
f0225877_022346.jpg


冬は庭師さんがバッサリ木々を切ってしまうので、寂しいくらいに殺風景ですが、
そんなメンテナンスの効果(?)もあり、春になると次々にいろんな花が咲き始めます。

第一弾として4月は桜に似たピンクの花が咲きました。

今は黄色のラバーナムが咲き始めています。

東日本大震災が起こってからというもの、原発からの放射能漏れ事故が起こり、
自分の国が直面している現実に大変胸を痛め、ブログを書こうと思ってもなかなか進まず
今まで時間が経ってしまいました。

そして私が今強く思うことは、

「生かされている命に感謝」して今を一生懸命生きて行くこと。
震災を通して抱いた気持ち、そして日本&日本人の美しさや素晴らしさを、
母親として息子にしっかり伝えていくこと。

これらが、私が身近にできる日本の「復興」への手助けかと思っています。

今日はチューリッヒで震災へのチャリティーバザーがありました。
たくさんの方が来ていて、日本の歌のコンサートがあったり、日本食が売っていたりと、
チューリッヒで日本を感じる一日でした。
f0225877_0553272.jpg


次回のブログからはまた、滞っていた旅のレポートや私の日常を綴っていければと思います。
[PR]
by mrsSutter | 2011-05-02 00:56 | つぶやき